カードブランドはどれを選んだらいい? VISA Master JCB

カードブランドってどれを選んだら良いの?どれも一緒じゃないのか?

 

現在、クレジットカードは数えきれない種類の数となっており、各社様々なサービスを付帯させて差別化を図っています。この他に、カード選びの際によく悩むのがカードブランドをどこにするかという点です。

 

クレジットカードによっては、同じカードでもブランドを選べる場合があります。カードブランドとは例えばVISA、MasterCard、JCBなどです。申し込み時にこのあたりの説明が手厚く行われることは無いので、あまり考えずにどれでもいいや!と適当に選んでしまった方も多いかと思いますが、一度ブランドを決めると変更は基本出来ません。各ブランド様々な特徴がありますので、今回は上記で挙げた3社の特徴を紹介していきます。

 

VISA

 

世界シェアbPの国際ブランドです。クレジットカード対応施設であれば大体の施設で利用可能ではないでしょうか。国内はもちろん、海外での使用が多い方も安心して利用できます。メインで1枚しか持たずに使用すると考えると安定感のあるブランドです。

 

MasterCard

 

世界シェア2の国際ブランドです。こちらもVISA同様に、対応施設の多さが魅力的であり、国内外問わず安心して利用できる利点があります。元々ドイツのEuro Cardとの合併によりスタートした会社なので、ヨーロッパ圏に強いとされていましたが、現在はVISAの使用範囲とほとんど差はありません。

 

JCB

 

日本発の国際ブランドです。国内はもちろん、海外ではアジア圏や日本人観光客が多いハワイやグアムなどにおいては使用可能施設が多いです。VISAやMasterCardに比べると、世界的観点からは使用しづらいカードですが、海外から日本語のサポートが受けることが出来るなど、海外旅行が多い方でも1枚持っておくと何かと助かります。
JCB自体もクレジットカードを発行しており、サービスやサポートが充実しています。
ちなみに、AmericanExpressと提携しているので、互いの加盟店でカード決済が可能となっています。

 

まとめ

 

国内のみでの利用であればJCBをメインカードとして問題ないですが、海外での対応力を考えると、VISAやMasterCardに利点があります。

 

お勧めとしてはメインでJCB、サブでVISAやMasterCardを持っておくのがベストだと思います。

 

 

 

 

 


メリット・デメリットを解説 Yahooで使うメリット 気を付けたいデメリット 旧YahooJapanJCBとの違い